アーユルヴェーダの智恵

1.アーユルヴェーダとは

5000年も前から続く『インドの伝承医学』のこと。
「アーユル」は生命、「ヴェーダ」は科学、を意味しており、 「ヴェーダ」と言うヒンドゥー聖典に著された知識が基礎となっています。
病気や医療に関することはもちろん、どうやったら健康を保てるかという予防法を説き、 個人差に応じた食生活や生活習慣、生き方までを教えてくれています。
つまり、「健やかで幸せに、よりよく生きるための智恵」すべてが アーユルヴェーダなのです。

2.	宇宙と体は同じものから出来ている!

アーユルヴェーダでは、すべてのものは下の5つの元素から出来ていると考えます。

5つの元素「空」、「風」、「火」、「水」、「土」

壮大な宇宙を創っているのも、小さな人体を作っているのも、この5大元素なのです。 さらに、この5大元素は、2つ一組みとなって「ドーシャ」と呼ばれる 3種類の大きなエネルギーを生み出します。
「ドーシャ」をわかりやすく言うと、中国医学で言う「気」のようなもの。 常に変化し、時間帯や年齢・気候などにも影響を受ける、 生命の元となるエネルギーなのです。

3.	体質・体調を決める3つのエネルギー「トリドーシャ」

「トリドーシャ」の「トリ」は「3」のこと。
つまり、「トリドーシャ」とは「3つの生体エネルギー」と言う意味。
それが「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」と呼ばれるもので、下のように、それぞれ5大元素の2つの力から構成されています。
そして、その組み合わせにより、3つにはそれぞれ異なる特徴があり、それが体質や性格などを左右するのです。

ヴァータ(空と風) 【運動エネルギー】
性質:軽・動・冷・乾燥
ピッタ(火と水)  【変換エネルギー】 
性質:熱・鋭・流・微油性
カパ(水と土) 【結合エネルギー】
性質:重・油・冷・安定

生命体は全て、この3つのエネルギーによって命を支えられており、生まれたときから ヴァータが多め、ピッタとヴァータが多め、などの個人差があります。 これが基本的な体質であり、その人の持つ本来のエネルギーバランスです。 それが何らかの要因で、あるドーシャが過剰になると、これが体の中にたまっていき、やがて病気の原因となるのです。

4.	心の状態を決める3つの性質「トリグナ」

心の状態を決める3つの性質「トリグナ」

さらに、トリドーシャに深く関わりがあるのが「トリグナ」です。
「トリグナ」とは、「ラジャス」「タマス」「サットヴァ」と言う、 3つの心の性質をさします。
「ラジャス」は、動性。
これが増えすぎると、活動的になりすぎたり、イライラや怒りを感じやすくなったりするようになります。また、トリドーシャの中で同じ動性を持つ、ヴァータとピッタの増加に関わります。
「タマス」は、安定性・惰性。
こちらは、増えすぎると怠惰となり、精神活動が沈滞します。トリドーシャの中で同じ安定性を持つ、カパの増加と関係しています。
一方、「サットヴァ」が持っているのは純粋性です。
3つのドーシャをバランスさせるために働き、精神的に愛情や優しさをもたらします。 つまり、心の中がサットヴァで満たされているときは、ドーシャのバランスも取れており、心身ともに健やかでいられるわけです。

5.	病気の原因「アーマ」とは?

「アーマ」は、正確には「未消化物」と言う意味です。
しかし、「未消化物」では意味が分かりづらいため、噛み砕いて「毒素」と言う言葉に置き換えたりしています。 しかし、なぜ「未消化物」を「毒素」と言うのでしょうか?
私たちは、食べたものを体の中で消化し、エネルギーに変えて生命を維持しています。 ですが、体質や体調に合わない食事を続けたり、ドーシャバランスが崩れたりすると、 消化や代謝がきちんとできずに、体の中に「未消化物」が残ってしまいます。
また、水銀や鉛などの有害金属・食品添加物などに含まれる化学物質も、自然には排出されにくく、これも「未消化物」となります。
アーユルヴェーダでは、この「未消化物」は体の弱いところにたまり、そこへ過剰になったドーシャが、さらにたまっていくことで病気が発生すると考えます。
つまり、「未消化物」が病気を引き起こす原因となるため、これを「毒素」と考えるのです。
しかも、このアーマは体だけではなく、心の状態によっても生成されます。ラジャスが増加して怒りやいら立ちを感じすぎたり、タマスが増加してやる気を失っていたりすると、心の「未消化物」が生成され、これもまた病気の原因となるのです。

6.トリートメントでドーシャバランスを取り戻す!

病気になる過程を、アーユルヴェーダ的に簡単に表すと、こんな感じです。 病気になる過程 つまり、自分の体質や体調に合わせた生活を心がけ、病気になる前の早い段階でドーシャバランスの乱れに気がつけば、生活習慣や食事などを工夫することで病気を防ぐことができると考えるのです。
しかし今の日本では、ちょっと体の変調を感じたからと言って、 簡単に生活を変えることが出来る人は、そういないでしょう。
そこで、アーユルヴェーダサロンを活用していただきたいのです。 マナスのように、本場のアーユルヴェーダ医師が調合したメディカルハーブを 使用していれば、トリートメントは、過剰なドーシャやたまったアーマに働きかけ、 本来のドーシャバランスを取り戻すための有効な手段となります。
また、トリートメントを受け、ご自身のドーシャバランスを理解されれば、 日々の生活の中で、自らドーシャを整えていくことも出来るのです。 もちろんマナスでは、その方法もアドバイスさせていただきます。
よりよく生きるためのアーユルヴェーダの智恵を、マナスでたくさん吸収していって下さい。
トリートメントでドーシャバランスを取り戻す!
アーユルヴェーダサロン manas マナス